歯の8020を知っていますか?

お口の健康を守り、80歳になっても自分の歯を20本保つのを目指すことです。

歯医者さんも『MI(※)』の考えを念頭にむし歯を治療し、歯の修復後はお口の病気を予防するため患者さんに定期的に来院していただきプラークを除去しているようです。

  • 最小限の歯質削除のこと

さらに欲を言えば、健康的な白い歯にもなりたいですよね。

当サイトでは、歯のホワイトニング用の歯磨き粉を詳しく紹介しています。

笑顔で笑えるステキな歯を手に入れるためにも、ぜひご覧ください。

すぐ見れるランキングはコレ!ホワイトニング用の歯磨き粉 おすすめランキング

OraPearl(オーラパール)

やはり、1番のおすすめはOraPearl(オーラパール)です!

定番中の定番で、知っていた人も多いはず。

間違いない歯磨き粉を選ぶならOraPearl(オーラパール)一択でしょう。

ちゅらトゥース ホワイトニング

ホワイトニング歯磨き粉の中で推したいのがコチラ、ちゅらトゥース ホワイトニングです。

歯科医師も太鼓判の歯磨き粉なので、安心して使うことができます。

リュミエールブラン ネージュ

リュミエールブラン ネージュはジェルタイプのホワイトニング剤になります。

白くする成分はもちろん、口臭予防・歯周病予防もしてくれるスグレモノです。

そもそも、歯のホワイトニングとは

『ホワイトニング』という言葉はよく聞きますが、実際にどんなことをしているか理解していますか?

私も漠然と "歯を白くする方法" くらいに考えていたのですが、

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • ブリーチング

など、いろいろ言葉が出てきて頭を悩ませました…

私と同じような方のために、歯医者さんに行く前に知っておきたいホワイトニングに関する知識をわかりやすく解説していきたいと思います。

ホワイトニングは漂白するか、白く見せるかの2通りの方法がある

ホワイトニングをインターネットで検索すると "歯を白くする方法" と説明されていますが、実際には少し意味が違います。

ポイントは "歯自体が白くなっているかどうか"

歯自体を白くするには、専用の薬剤を使用して歯の漂白をします。

一方で、歯にマニキュアや白いかぶせ物(セラミックなど)をつけることで、歯を白く見せることもできます。

白く見えることに変わりはありませんが、マニキュアやかぶせ物が取れると黄ばんだ状態の歯に戻ってしまいます

漂白はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがある

漂白するホワイトニングには

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング

の2つがあります。

これは言葉にもあるように、オフィス(歯科医院)で行うホワイトニングと、ホーム(自宅)で行うホワイトニングになります。

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤を歯1本1本に塗布し、専用の光を当てることで歯を白くしていきます。

1回の治療で歯が白くなるのが特徴です。

だけど、お金がかかるのが難点…

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングは、マウスピースをはめて歯を白くしていきます。

まず、歯科医院でホワイトニングの薬液を歯に浸透させるためのマウスピースを作成します。

そして、専用の薬液を歯科医院に処方してもらい、その薬液をマウスピースの中に入れてから口に装着し、歯に浸透させます。

毎日薬液を歯に浸透させることで、歯が少しずつ白くなっていきます。時間はかかるものの、ホワイトニング効果が長続きします。

でも、結局は歯医者に行かないといけない…
  • お金も安く済ませたい…
  • 歯医者にも行きたくない…
  • 手軽に歯を白くしたい…

そんな方におすすめなのがホワイトニング用の歯磨き粉です。

ホワイトニング用の歯磨き粉とは

自宅でできる

値段が安い

ホワイトニング用の歯磨き粉の使い方

ブラッシング

注意点

ホワイトニング用の歯磨き粉の選び方

成分

研磨剤

発泡剤

その他

口コミ

価格

まとめ

"歯のホワイトニングには種類がある" ということを説明してきました。

これがわかった状態で歯医者さんに行くと、値段の違いや自分に合った方法がどれなのかを決める材料になるかと思います。

ワケがわからないまま治療をしてしまい、満足できないホワイトニングとならないように注意してください。

ホワイトニング用の歯磨き粉Q&A

海外製はどう?

海外製のホワイトニング歯磨き粉も人気で、お土産にされることも多くあります。

人気のヒミツが、日本の歯磨き粉には入っていない成分が海外製には入っていることです。

詳しくは『海外製のホワイトニング歯磨き粉について』をご覧ください。

安全なの?

デンタルエステクリニックってなに?

成分は?

ホームホワイトニングとは違うの?

歯科医院で出来るホワイトニングの中にはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。その中でもホームホワイトニングは歯医者さんが処方してくれたホワイトニング剤を使って、ホワイトニングを行うものです。具体的にホームホワイトニングとはどういったものなのか、詳しくご紹介していきます。

ホームホワイトニングとは、自分の家でできるホワイトニングのことです。

ですが、よく通販とかで販売されているようなホワイトニングとは異なります。

歯科医院でしか処方できないホワイトニング剤を使用しています。

しかも通販のホワイトニングでマウスピースを使うものがありますが、これは既製品なので口にマッチせず、フィット感がないので薬液が浸透しにくいというデメリットがあります。

一方、歯科医院で行うホームホワイトニングでは、ホワイトニングを受ける方一人一人に合わせたマウスピースを作成します。オーダーメイドのマウスピースなのでフィット感もよく、歯にしっかりとホワイトニング剤が浸透してくれます。

使い方はとっても簡単で1日2時間程度、飲食をしない寝る2時間前にマウスピースに薬液を入れて装着するだけです。そのまま眠ることができるのであれば寝ても問題ありません。

歯科医院でのホームホワイトニングの流れ

まず歯科医院でホームホワイトニングを行うときは、ホワイトニングができるかどうか、歯の状態を検診します。虫歯などの異常がなければそのまま歯型をとって、オーダーメイドのマウスピースを作成します。

自分専用のマウスピースは歯科医院にもよりますがおよそ1週間程度で完成します。

完成したら、フィットするかどうかを確認して、ホワイトニング剤と一緒にマウスピースを受け取ります。

歯科医院ではホワイトニング前の歯の色の状態をチェックします。

自宅でのホームホワイトニングのやり方

ホームホワイトニングの自宅でのやり方はとても簡単です。

まず歯磨きをしたら、マウスピースを唇側の方(ポッチがついている表側のところ)にホワイトニング剤を米粒サイズ、注入します。

そしてそのままマウスピースをつけます。

これだけです。2時間以上装着したら、外しても大丈夫です。

ただし歯科医院で用いているホワイトニング剤の種類によって装着時間が異なってきますので歯科医師の指示を受けるので指示に装着時間は基本的に指示に従いましょう。

またマウスピースを着けているときはたばこやステインを多く含むコーヒーやワインなどの摂取は控えましょう。

マウスピースを外したときもできれば2時間以上は着色しやすいたばこやカレーなどの飲

食は控えるようにしましょう。

これを毎日最低でも2週間以上継続してください。

残念ながら1週間ではなかなか効果を発揮しません。

ですが2週間もすると徐々に歯が白くなってきます。1か月継続するとかなり白くなっています。さらに歯を白くしたいという方は長時間装着したり、歯科医師の先生に相談して、濃度の濃いホワイトニング剤を処方してもらうなどしてもらいましょう。

またホームホワイトニングのメリットとして、後戻りが遅く、生活習慣にもよりますが、半年以上ホワイトニング効果が継続してくれます。

さらにまた歯が黄ばんでも2回目以降、ホームホワイトニングをすると、歯が反応しやすくなっているので、すぐにホワイトニング効果がでます。

初回はなかなかすぐに効果が発揮されてないですが、2回目以降はすぐに効果を実感しやすいのでホワイトニングはずっと歯をきれいにしたい方におすすめです。

初回のホームホワイトニングの効果はゆっくりでなかなかすぐに実感できないかもしれませんが、歯の白さはオフィスホワイトニングよりも長くもちます。

ぜひ長く歯を白くしたいのであればホームホワイトニングがおすすめです

ブリーチングは漂白するために歯を削るので注意

ホワイトニングと同じようにブリーチングという言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。ブリーチングもホワイトニングと同じように薬液を歯に浸透させるのですが、アプローチ方法が全く異なります。

一般的にホワイトニングと呼ばれる治療は、歯の外側から薬剤を塗布します。ですので、歯を削る必要はありません。

しかし、ブリーチングは歯に穴を開けて薬液を入れ、歯の内側から薬液を浸透させます

ブリーチングは歯の神経を取る必要がある

「外側からと内側の違いだけ?」と思うかもしれませんが大きな違いです。

歯の中には神経が通っている管があります。歯に穴をあけて薬液を浸透させるということはつまり、ブリーチングは歯の神経を取らないとできない行為なのです。

歯の神経の治療をもともとしているのであればいいですが、健康な歯の場合、神経を取ってしまうことで虫歯になりやすくなってしまったり、歯自体がもろくなってしまいます

歯の神経がもともとない、神経の治療をしたことがある歯に関しては、ホワイトニングの効果がなかなか発揮できないことがあるのでブリーチングを行うことがありますが、健康な歯を白くしたいからといってブリーチングするのは、歯の寿命を縮めることにもなりかねないので注意しましょう。

マニキュアは長続きしないので、緊急で歯を綺麗に見せたい時にしよう

上にも書いた歯のマニキュアですが、これは歯の上に白色の液を塗るだけのもので、爪に使うマニキュアと全く変わりません。

オフィスホワイトニングは一ヶ月程度効果が持続しますが、マニキュアの場合は歯の上から色を塗っているだけなので、歯磨きをすることで落ちてしまいます

一日で落ちてしまう人もいますし、一週間程度もったという人もいます。

結婚式などのイベントのために「一日だけ、とにかく時間がないから歯を綺麗にしたい!」というのであればいいかもしれません。

ですが、色が不自然な白であったり、すぐに落ちてしまう可能性もありますので、あまりおすすめの方法ではありません。

歯が黄ばんで汚れてしまう原因

着色

歯石

加齢

タバコのヤニ

Copyright© 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】本音の口コミレビューと評判まとめ!人気おすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.