歯の8020を知っていますか?

お口の健康を守り、80歳になっても自分の歯を20本保つのを目指すことです。

歯医者さんも『MI(※)』の考えを念頭にむし歯を治療し、歯の修復後はお口の病気を予防するため患者さんに定期的に来院していただきプラークを除去しているようです。

  • 最小限の歯質削除のこと

さらに欲を言えば、健康的な白い歯にもなりたいですよね。

当サイトでは、歯のホワイトニング用の歯磨き粉を詳しく紹介しています。

笑顔で笑えるステキな歯を手に入れるためにも、ぜひ最後までご覧ください。

すぐ見れるランキングはコレ!ホワイトニング用の歯磨き粉 おすすめランキング

OraPearl(オーラパール)

やはり、1番のおすすめはOraPearl(オーラパール)です!

定番中の定番で、知っていた人も多いはず。

間違いない歯磨き粉を選ぶならOraPearl(オーラパール)一択でしょう。

ちゅらトゥース ホワイトニング

ホワイトニング歯磨き粉の中で推したいのがコチラ、ちゅらトゥース ホワイトニングです。

歯科医師も太鼓判の歯磨き粉なので、安心して使うことができます。

リュミエールブラン ネージュ

リュミエールブラン ネージュはジェルタイプのホワイトニング剤になります。

白くする成分はもちろん、口臭予防・歯周病予防もしてくれるスグレモノです。

そもそも、歯のホワイトニングとは

『ホワイトニング』という言葉はよく聞きますが、実際にどんなことをしているか理解していますか?

ホワイトニングには

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • ブリーチング

など、種類がたくさんあります。

アナタに合った方法を選ぶためにも、まずはホワイトニングに関する知識をわかりやすく解説していきたいと思います。

ホワイトニングは漂白するか、白く見せるかの2通りの方法がある

ホワイトニングをインターネットで検索すると "歯を白くする方法" と説明されていますが、実際には少し意味が違います。

ポイントは "歯自体が白くなっているかどうか"

歯自体を白くするには、専用の薬剤を使用して歯の漂白をします。

一方で、歯にマニキュアや白いかぶせ物(セラミックなど)をつけることで、歯を白く見せることもできます。

どちらも白く見えることに変わりはありませんが、マニキュアやかぶせ物が取れると黄ばんだ状態の歯に戻ってしまいます

漂白はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがある

漂白するホワイトニングには

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング

の2つがあります。

これは言葉にもあるように、オフィス(歯科医院)で行うホワイトニングと、ホーム(自宅)で行うホワイトニングになります。

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤を歯の1本1本に塗布し、専用の光を当てることで歯を白くしていきます。

1回の治療で歯が白くなるのが特徴です。

だけど、お金がかかるのが難点…

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングは、マウスピースをはめて歯を白くしていきます。

まず、歯科医院でホワイトニングの薬液を歯に浸透させるためのマウスピースを作成します。

そして、専用の薬液を歯科医院に処方してもらい、その薬液をマウスピースの中に入れてから口に装着して歯に浸透させます。

毎日薬液を歯に浸透させることで、歯が少しずつ白くなっていきます。

時間はかかるものの、ホワイトニング効果が長続きします。

でも、結局は歯医者に行かないといけない…
  • お金も安く済ませたい…
  • 歯医者にも行きたくない…
  • 手軽に歯を白くしたい…

そんな方におすすめなのがホワイトニング用の歯磨き粉です。

ホワイトニング用の歯磨き粉とは

ホワイトニング用の歯磨き粉は、歯の表面を白くさせて口元をキレイに整える効果があります。

一般的な歯磨き粉には入っていない成分があり、その成分が歯の黄ばみの原因である着色汚れを落とすことができるんです。

普通の歯磨き粉じゃダメなの?

もちろん、歯を白くする必要がないなら普通の歯磨き粉で十分です。

ただ、残念ながら日常生活を送るだけでも歯はドンドン汚れていきます。

そして、歯に付着した汚れは普通の歯磨き粉では落ちにくい頑固な着色汚れになって残ってしまうんです。

しかし、ホワイトニング用の歯磨き粉なら歯の着色汚れを効率的に取り除くことができるんです。

ホワイトニング用の歯磨き粉のココが凄い!

歯を白くするだけなのに普通より高い歯磨き粉を買うのもなぁ…

こんなふうに考えている方もいるんじゃないでしょうか?

実は、ホワイトニング用の歯磨き粉には歯を白くする以外の効果もあるので紹介します。

汚れが付着しにくい歯を作ることができる

ホワイトニング用の歯磨き粉は、歯に黄ばみが付着しにくい環境を作ることもできます

ホワイトニング用の歯磨き粉には『ハイドロキシアパタイト』と呼ばれる成分が配合されていることが多いのですが、この成分はステインやプラーク(歯垢)が付着しにくくなる効果が期待できるんです。

また、ハイドロキシアパタイトは歯の表面に形成されてしまった凸凹(でこぼこ)を埋める作用もありますので、美しい歯を取り戻したいという方には適した成分です。

虫歯になりにくい歯を作ることもできる

ホワイトニング用の歯磨きにはフッ素が高濃度で配合されているタイプも販売されています。

フッ素は虫歯予防に効果的な成分として多くの歯磨き粉に使用されていますが、ホワイトニング用の歯磨き粉には通常よりも濃度が高い1000ppm以上配合のタイプもあります。

フッ素は直接ホワイトニング効果が期待できる成分ではありませんが、歯の脱灰を防いで再石灰化を促進します。

そのため、虫歯になりにくい歯を長期に渡って維持しやすくなり、結果的に白い健康な歯を作ることができるんです。

ホワイトニング用の歯磨き粉の使い方

適量は歯ブラシの約3分の1

歯磨き粉の使い方で困ってしまうのが、「適量を歯ブラシにのせて…」という記載だと思います笑

適量ってどれくらい…?

なんて思いますよね。

1回の歯磨き粉の量は、使用している歯ブラシの約3分の1で充分です。

ブラッシングで歯の汚れを落とす

基本的に、歯垢を落とすのはブラッシングであるということを理解しておきましょう

歯磨き粉で落ちているわけではありません。

ポイントは

  • 細かく歯ブラシを動かす
  • 歯ブラシの毛先を歯の表面にまっすぐ当てる
  • 力を入れずに優しく磨く

です。

注意点

説明書をしっかり読む

歯磨き粉に使い方が記載されていれば、その通りに使うのが1番効果的です。

普通の歯磨き粉とは違いますので、説明書を読んでから使いましょう。

歯磨き粉をつけすぎない

歯磨き粉を沢山使えばホワイトニングの効果が高いというわけではありません

逆に使い方を間違えてしまうと効果が少なくなってしまう場合もありますので注意しましょう。

また、歯磨き粉の中には香料が入っている物もあります。

歯磨き粉の量が多くなれば、その分 香料も多くなり、歯ブラシで汚れを落とせないままスッキリした気になってしまいがちです。

磨く前に歯ブラシを水で濡らすと泡立ちが早くなるので、乾燥してる歯ブラシに歯磨き粉をつけて磨くというのも1つの方法です

力を入れてブラッシングしない

汚れを落とそうと強い力で磨くと歯を傷つけてしまう確率が上がります。

ホワイトニング用の歯磨き粉には、歯の汚れを落とす手助けをする研磨剤が入ってるものもあります。

歯を磨く力が強いと汚れを落とすだけでなく、歯に細かい傷をつけてしまう可能性もあります

また、ホワイトニング用の歯磨き粉にはフッ素配合の物も多いです。

しかし、歯ブラシを大きく動かすと、せっかくのフッ素が歯垢で歯に取り込まれにくくなります

ホワイトニング用の歯磨き粉の選び方

目的を決める

上でも説明したように、ホワイトニング用の歯磨き粉には、歯を白くする以外の効果もあるんです。

  • 虫歯予防
  • 歯周病予防
  • 知覚過敏

など、アナタがホワイトニング以外で歯磨き粉を使う目的を考えましょう

成分

研磨剤

発泡剤

口コミ

価格

歯医者さんに聞く

歯は1人1人違いますので、人気の歯磨き粉でも合わないことはあります

なので、どうしても気になる人は歯医者さんにどんな歯磨き粉が合っているのか聞くのも手です。

ホワイトニング用の歯磨き粉の比較表

ホワイトニングのことや選び方がわかれば、後は商品を見ていくだけです!

ただ、商品を1つずつ見ていくのもメンドくさいですよね…

というわけで、下に人気のホワイトニング歯磨き粉の比較表を作ってみたので、ぜひ自分に合う商品を決めるキッカケにしてください

商品名 OraPearl
研磨剤 なし
発泡剤 あり
おすすめ
  • 製薬会社の全薬グループの製品で安心
  • 日本初の独自成分配合
価格 2,000円
URL 公式サイト

ホワイトニング用の歯磨き粉Q&A

海外製はどう?

海外製のホワイトニング歯磨き粉も人気で、お土産にされることも多くあります。

人気のヒミツが、日本の歯磨き粉には入っていない成分が海外製には入っていることです。

詳しくは『海外製のホワイトニング歯磨き粉について』をご覧ください。

安全なの?

デンタルエステクリニックってなに?

成分は?

ホームホワイトニングとは違うの?

たしかに、お店やネットにもマウスピースを使ったホワイトニング商品があります。

ですが、これは既製品なので口にフィットしづらいため、ホワイトニング剤が浸透しにくいというデメリットがあります。

また、ホームホワイトニングは歯科医院でしか処方できないホワイトニング剤を使うため、市販の物より効果が高いです。

マウスピースタイプで歯をホワイトニングしたいなら、市販の物を使うより歯科医院に行く方がいいです。

逆に、歯科医院に通うのが大変で、手軽に歯を白くしたいならホワイトニング用の歯磨き粉を使う方がいいでしょう。

おすすめの歯磨き粉についてはコチラ

ホームホワイトニングについてはコチラ

歯のホワイトニングに関する知識まとめ

歯が黄ばんで汚れてしまう原因

着色

色素の濃い飲食物を口にすると歯に色が付着します。

濃い飲食物の代表例は、

  • カレー
  • 紅茶
  • コーヒー
  • 赤ワイン

です。

さらに詳しく

色素の濃い飲食物にはポリフェノールやタンニンといった物質が含まれており、歯の表面を(おお)っているペリクルに付着します。

ペリクルとは、唾液のワックスの様な物質です。

ペリクルに汚れが付いている状態が続くと、汚れがエナメル質に染み込んで沈着してしまいます。

付着状態であれば、歯科医院で磨いてもらうことで ある程度は除去できます。

しかし、沈着状態になるとホワイトニングが必要になります。

虫歯

虫歯の重症度によって歯が変色します。

初期虫歯の段階では歯質が部分的に白濁しますが、進行すると黒くなります。

プラーク(歯垢)

プラークは歯の表面に付着している菌の塊です。
歯を爪で(こす)った際に取れる汚れがプラークです。

付着したばかりは乳白色ですが、時間が経つにつれて黄色く硬くなります

乳白色の段階では歯ブラシで除去できますが、黄色くなってきてしまうと歯ブラシでも取れにくくなります。

飲食物などの様に色の沈着はしませんが、そのまま放置をすると虫歯になり、歯質自体の色が変色して穴があきます。

歯石

歯石は唾液のミネラル成分が石灰化することで形成されます。

見た目は白いですが表面がザラザラしているため、着色成分がこびりつきやすいことから歯が汚れた様に見えます

着色しやすい飲食物やタバコによって着色されるので、根本的な着色の原因ではありません。

加齢

歯は日々の咀嚼(そしゃく)や歯ぎしりによって摩耗(まもう)したり、飲食物の酸によって溶けてしまったりします。

これによって象牙質の黄褐色が透けて見えるため、歯が黄ばんだ色に見えてしまいます

さらに詳しく

歯は象牙質(ぞうげしつ)という部分があり、それをエナメル質が覆っています。

象牙質は、黄褐色(おうかっしょく)歯髄(しずい)を囲む組織のことです。

エナメル質は、乳白色半透明の組織のことで、体の組織の中で1番硬いと言われています。

タバコのヤニ

『着色』と同類で、タールがペリクルに付着、または沈着することで黄ばみや茶渋の様な汚れが着きます。

加えてタバコは唾液を減少させる作用があるため、口の中が乾燥した状態でタールが付着すると、より着色しやすくなります。

神経を抜いた歯

神経を抜いた歯は血液が通っていません。

歯髄は処置の際に取り除きますが、象牙質にはびこる象牙質細管と言われる毛細血管は取り除くことができません。

そのため、神経が生きていた際に通っていた血液が黒くなることにより、歯がグレーに変色が起こります。

酸蝕症(さんしょくしょう)

酸度の高い飲食物を長期に渡って習慣的に摂取することで、酸によってエナメル質が溶けてしまいます。

すると内層にある黄褐色の象牙質が透けて見えてきてしまい、歯が黄ばんだ様に見えてしまいます。

酸度の高い食べ物 柑橘系の果物
酸度の高い飲み物 炭酸飲料水、柑橘系の果汁飲料

酸度の高い食べ物の代表例としては柑橘系の果物、飲み物の代表例としては炭酸飲料水や柑橘系の果汁飲料が挙げられます。

また、嘔吐の際の胃酸も原因の一つと挙げられます。その為、つわり、逆流性食道炎、摂食障害などにより嘔吐することが多い場合も酸蝕症になる可能性が高くなります。

テトラサイクリンの服用

マイコプラズマ肺炎などで処方されるテトラサイクリン系抗生物質を8歳頃に摂取していた場合、永久歯の形成中に内部から薬の作用により着色を起こしてしまいます。
着色は重症度によって色が異なります。
これによって起きた着色はホワイトニングで改善されますが、重度であると薄くなる程度で落ち着く場合もあります。また、内部的なことから後戻りがしやすいともされています。
現在では8歳未満に対してテトラサイクリン系薬剤は原則禁忌となっています。他剤が無効でない限り使用は控えられています。

ホームホワイトニングを詳しく解説

上でもホームホワイトニングについて簡単な説明をしましたが、ここでは具体的にホームホワイトニングについて紹介していきます。

ホームホワイトニングは歯科医院だけでできる方法

ホームホワイトニングとは、自分の家でできるホワイトニングのことです。

大きな特徴が、歯科医院でしか処方できないホワイトニング剤を使用しているという点です。

使い方はとっても簡単で1日2時間程度、飲食をしない寝る2時間前にマウスピースに薬液を入れて装着するだけです。そのまま眠ることができるのであれば寝ても問題ありません。

歯科医院でのホームホワイトニングの流れ

step
1
歯の検診

まずはホワイトニングができるかどうか、歯の状態を検診します。

虫歯などの異常がなければ、そのまま歯型をとってオーダーメイドのマウスピースを作成します。

step
2
完成したマウスピースを取りにいく

歯科医院にもよりますが、自分専用のマウスピースはおよそ1週間程度で完成します。

step
3
マウスピースとホワイトニング剤を受け取る

完成したらフィットするかどうかを確認して、マウスピースと一緒にホワイトニング剤を受け取ります。

歯科医院ではホワイトニング前の歯の色の状態をチェックするところも多いので、そのチェックがあるかもしれません。

自宅でのホームホワイトニングのやり方

step
1
歯を磨く

まずは普通に歯磨きをします。

この辺りは、歯磨きと一緒になっているホワイトニング用の歯磨き粉の方が便利ですね。

step
2
マウスピースにホワイトニング剤を入れる

マウスピースの唇側の方(ポッチがついている表側のところ)にホワイトニング剤を注入します。

量は米粒サイズにしましょう。

step
3
マウスピースを装着する

ホワイトニング剤をつけたマウスピースを口に装着します。

ホームホワイトニングの効果を上げるために行うこと

マウスピースは2時間以上する

歯科医院から処方されたマウスピースは、毎日つけましょう。

ただし、歯科医院によって使っているホワイトニング剤の種類が違うため、装着時間が異なる場合があります。

装着時間は歯科医師の指示に従いましょう。

マウスピースは2週間以上継続する

最低でも2週間以上は継続してください。

残念ながら1週間ではなかなか効果を発揮しませんが、2週間もすると徐々に歯が白くなってきます。

1ヵ月継続するとカナリ白くなってくると思いますが、さらに歯を白くしたいという方は歯科医師の先生に相談して、濃度の濃いホワイトニング剤を処方してもらいましょう。

ホワイトニング中は着色しやすいものを口にしない

ホームホワイトニング中は

  • ヤニが出るタバコ
  • ステインを多く含むコーヒーやワイン
  • カレーやケチャップ

など、歯に着色しやすいものの摂取は控えましょう。

長く白い歯を保ちたいならホームホワイトニングがおすすめ

初回のホームホワイトニングの効果はゆっくりで、なかなかすぐに白さを実感できないかもしれません。

しかし、歯の白さはオフィスホワイトニングよりも長持ちします。

マウスピースをはめながらスマホを触ったりすれば、スキマ時間に歯をキレイにできちゃいます。

おすすめの歯科医院はコレ!


ブリーチングは漂白するために歯を削るので注意

ホワイトニングと同じようにブリーチングという言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。

ブリーチングもホワイトニングと同じように薬液を歯に浸透させるのですが、アプローチ方法が全く異なります。

一般的にホワイトニングと呼ばれる治療は、歯の外側から薬剤を塗布します。ですので、歯を削る必要はありません。

しかし、ブリーチングは歯に穴を開けて薬液を入れ、歯の内側から薬液を浸透させます

ブリーチングは歯の神経を取る必要がある

「外側からと内側の違いだけ?」と思うかもしれませんが大きな違いです。

歯の中には神経が通っている管があります。歯に穴をあけて薬液を浸透させるということはつまり、ブリーチングは歯の神経を取らないとできない行為なのです。

歯の神経の治療をもともとしているのであればいいですが、健康な歯の場合、神経を取ってしまうことで虫歯になりやすくなってしまったり、歯自体がもろくなってしまいます

歯の神経がもともとない、神経の治療をしたことがある歯に関しては、ホワイトニングの効果がなかなか発揮できないことがあるのでブリーチングを行うことがありますが、健康な歯を白くしたいからといってブリーチングするのは、歯の寿命を縮めることにもなりかねないので注意しましょう。

マニキュアは長続きしないので、緊急で歯を綺麗に見せたい時にしよう

上にも書いた歯のマニキュアですが、これは歯の上に白色の液を塗るだけのもので、爪に使うマニキュアと全く変わりません。

オフィスホワイトニングは一ヶ月程度効果が持続しますが、マニキュアの場合は歯の上から色を塗っているだけなので、歯磨きをすることで落ちてしまいます

一日で落ちてしまう人もいますし、一週間程度もったという人もいます。

結婚式などのイベントのために「一日だけ、とにかく時間がないから歯を綺麗にしたい!」というのであればいいかもしれません。

ですが、色が不自然な白であったり、すぐに落ちてしまう可能性もありますので、あまりおすすめの方法ではありません。

更新日:

Copyright© 【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】本音の口コミレビューと評判まとめ!人気おすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.