診療案内

MEDICAL ASSISTANCE

むし歯の治療

むし歯の治療ではMI(minimal intervention)を心掛けています。MIとは、むし歯に感染した場所を最小限に削ることを意味します。歯科用ルーペを装着し、感染した場所を最小限に削ります。削った場所にはコンポジットレジンを充填します。レジンは歯と同色なのでとても綺麗に仕上がります(着色するのが欠点だが磨けば元通りに)治療に際して必要に応じて麻酔をし、可能な限り痛みのない治療をしています。また、むし歯の診断にはダイアグノデント、デジタルX線装置、口腔内カメラを用います。

コンポジットレジン充填前

コンポジットレジン充填後

歯周病の治療


日本人の8割がかかっているといわれている歯周病ですが、歯周病は、プラーク(細菌の集まり)によって引き起こされる病気なので、治療の基本はプラークを取り除くことです。
治療方法としては、超音波スケーラーでプラークを除去した後、PMTCカップで歯面を研磨します。歯周病の治療にはレーザーを用いることもあります。

歯と歯ぐきのクリーニング前

歯と歯ぐきのクリーニング後

小児歯科


乳歯はやがて抜けるから構わない、と言ってお子さんのむし歯を放置はしていませんか?
むし歯はミュータンス菌の感染によって起こります。そのまま乳歯のむし歯を放置しておくと、ミュータンス菌が永久歯にうつるかもしれません。
健康な永久歯を育てるためにも、乳歯のむし歯を放置せずにきちんと治療しておきましょう。

 

使用機材

デジタルX線装置

デジタルX線装置デジタルX線装置

従来のものに比べ少ない被爆線量で鮮明な画像が得られます。

超音波スケーラー

超音波スケーラー超音波スケーラー

超音波の振動を利用してプラークを除去します。

PMTCカップ

PMTCカップPMTCカップ

PMTC専用のハンドピースに装着して歯面を研磨します。なお1回のクリーニングで1カップ使用し、カップ使用後は廃棄しています。

APミキサー

APミキサーAPミキサー

歯の型をとる材料の自動練和装置です。気泡のない緻密な型とりができます。

口腔内カメラ

口腔内カメラ口腔内カメラ

写した画像をモニターで確認することができます。

コンポジットレジン

合成樹脂(プラスチック)にフィラーを混合した材料で、ボンディング材を使用することで、歯に強固に接着します。

ダイアグノデント

ダイアグノデントダイアグノデント

むし歯にレーザーを照射してその進行程度を測定します。

レーザー

レーザーレーザー

炭酸ガスレーザー。出血や術後の痛みが少ないのが特徴です。